この発想は無かった!キヌアでエナジードリンク

驚きのニュースが飛び込んできました。なんと、栄養価の豊富なキヌアを使ったエナジードリンク(エネルギー飲料)を生産国ボリビアのビール会社が発表したとのこと。どんな製品なのか?現時点で分かっていることを簡単にお伝えします。

キヌアエナジードリンク

キヌアエナジードリンクとは?

過去7年間、ビールとモルトとドリンクを作り続けてきたというボリビアのCervecera Boliviana社が、キヌアを使ったノンアルコールのエネルギー飲料を7月20日に発表しました。

それは写真のように黒い液体で、キヌアのもつ豊富な栄養素に着目し健康を意識した製品に仕上がっています。モルト、つまり麦芽はもともと天然のエネルギー素材として知られており、それにキヌアを追加することで多量のビタミン、ミネラル、アミノ酸、オメガ3脂肪酸を上乗せすることに成功したとのこと。特に難しかったのは、両者を混合する際に互いのメリットを打ち消さないようにすることだっというお話です。

同社は既に南米の他の国々からオファーを受けているものの、まずは国内販売に集中するそうです。商品名は「Trimalta Quinua」。トリマルタキヌアとでも呼べばいいでしょうか。マルタとはモルトのことですね。

キヌア生産について

少し横道にそれますが参照した記事で他に気になったのは、ボリビアが世界のキヌア生産の46%を占め、ペルーが42%と次いで、3番目はアメリカ合衆国という記述でした。エクアドルはもっと少ないのでしょうか?アメリカ合衆国での生産が増えているのはここ数年の認知度拡大によるものでしょうが意外でした。

期待!日本にも来てほしい

いくら有用な食べ物とはいえ日々の料理に取り入れるには少々好奇心が必要なもの。その点手軽なこういった飲み物ならば初めてのチャレンジにもうってつけです。

様々なキヌアレシピを試してみつつも、日本でもこういうキヌア加工品が気軽に入手できるようになったらいいなと思います。もちろん、日本にはキヌア醤油なんて素晴らしい製品もあるんですよ!

参考:First energy drink made of quinoa and malt launched in Bolivia – Fox News Latino

作成者: 戸澤 高広

キヌアまとめは2007年に開設しました。キヌアが少ない労力の割に多くの栄養価を生産できる植物で社会的な飢餓・栄養不足問題の解決に寄与するのではとの期待から、論文や報道に加えて実体験などからその情報をまとめ続けています。 その、キヌアにまつわる略歴は以下のとおりです。 2013年:JICA主催セミナーで講演公式 2014年:国連発行のキヌアレシピ本に掲載 2014年:キヌアレシピ本出版記念会で講演 2017年:帝京科学大学の研究論文へ協力 2017年:UTYテレビ山梨に出演

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です