長寿の秘訣はキヌアに!ボリビアの史上最高齢

驚きのニュースが飛び込んできました。ボリビアに住む男性が史上最高齢と目されており、長寿の秘訣は伝統的なアンデスの食生活だと述べているそうです。

キヌア最高齢

ロイター通信によると

この件を報じたのは2013年8月20日付けのロイター通信。主要な部分を引用します。

<南米ボリビアの村フラスキアで、史上最高齢の123歳とされる先住民の男性が見つかり、話題を呼んでいる。

標高約4000メートルに住むカルメロ・フロレスさんは、長寿の秘訣(ひけつ)について、伝統的なアンデスの食生活だとコメント。「じゃがいもとキヌア(南米の雑穀)を一緒に食べるとおいしい」とアイマラ語で語った。>

砂糖は食べないって

若い頃から砂糖を口にせず、「スカンクの一種の肉や大麦の料理をよく食べた」と話しているそうです。

また、ひ孫は39人に及ぶそうですから驚きですね。

キヌア長寿

元気に話す男性

こちらから動画も見ることができます。キヌア、マッシュルーム、そしてコカが彼をこの高齢まで引き上げたということです。

キヌア単品で即座に健康になったり長寿になったりするわけではないと思いますが、アンデスの食生活には何かと健康の秘密が隠れていそうです。まずは彼にならってキヌアから始めてみるのも一手かもしれませんね。

参考:ボリビアに史上最高齢の123歳か、長寿の秘訣は「伝統的な食生活」 | 世界のこぼれ話 | Reuters

作成者: 戸澤 高広

キヌアまとめは2007年に開設しました。キヌアが少ない労力の割に多くの栄養価を生産できる植物で社会的な飢餓・栄養不足問題の解決に寄与するのではとの期待から、論文や報道に加えて実体験などからその情報をまとめ続けています。 その、キヌアにまつわる略歴は以下のとおりです。 2013年:JICA主催セミナーで講演公式 2014年:国連発行のキヌアレシピ本に掲載 2014年:キヌアレシピ本出版記念会で講演 2017年:帝京科学大学の研究論文へ協力 2017年:UTYテレビ山梨に出演

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です