珍しいキヌアの葉「チュパクラフィ」のナムル

今回のキヌアレシピは番外編。キヌアの葉を使ったレシピ。

まだまだ世の中には出回っていませんが、先日、キヌア農家の方にわけていただいたのでご紹介。

キヌアはヒユ科アカザ亜科(ほうれん草の仲間)なので葉もほうれん草に似た風味に少し苦みをプラスしたような味わい。

さっと茹でると甘みが増しとってもおいしいですよ!見かけたらぜひ試してみてください。

チュパクラフィのナムル

材料(2人分)

  • チュパクラフィ:ひとつかみ
  • 塩:適量
  • しょうゆ:少々
  • ごま油:大さじ1/2
  • 白ごま(半じり):大さじ1

つくり方

  1. チュパクラフィはさっと水で洗い、さっと茹でたら冷水につけ、水気を切る。長いようなら食べやすい長さにきっておく
  2. ボウルに1と残りの材料を入れ混ぜ合わせてできあがり

※アレンジレシピ

チュパクラフィのナムルのキンパ(2人分)

  • ごはん:茶碗1杯*写真ではキヌア入りごはん
  • a 塩少々、ごま油少々
  • のり:1枚
  • チュパクラフィのナムル:適量

つくり方

  1. ごはんにaを混ぜる。
  2. 巻きすにのりをのせ、1のごはんを広げ、手前にナムルを並べしっかり巻き、1cmの厚さに切って器に並べる

キヌアの葉、チュパクラフィはおそらく今年2014年秋口頃から山梨県で少量から出荷されることになるはずです。「衝撃!キヌアの葉は粒よりも栄養価が豊富だった」という話もありますから、注目ですね。

作成者: 戸澤 高広

キヌアまとめは2007年に開設しました。キヌアが少ない労力の割に多くの栄養価を生産できる植物で社会的な飢餓・栄養不足問題の解決に寄与するのではとの期待から、論文や報道に加えて実体験などからその情報をまとめ続けています。 その、キヌアにまつわる略歴は以下のとおりです。 2013年:JICA主催セミナーで講演公式 2014年:国連発行のキヌアレシピ本に掲載 2014年:キヌアレシピ本出版記念会で講演 2017年:帝京科学大学の研究論文へ協力 2017年:UTYテレビ山梨に出演