海老ピラフエッグベネディクト風にキヌアを入れてみた

玄米にキヌアを加えて炊いたご飯にこんにゃく粒を混ぜて海老ピラフにしました。そしてエッグベネディクト風に。

マフィンを使うのがポピュラーですが、白身オムレツに卵黄のソースをかけてちょっとお洒落にしてみました。

海老ピラフエッグベネディクト風 キヌアとこんにゃく入り

材料:1人分

  • 炊いたキヌア入り玄米:1/2膳分
  • こんにゃく粒:大さじ1.5
  • 玉葱:1/4個
  • 人参:20g
  • むきえび:6尾
  • 白ワイン:小さじ1
  • 水:大さじ1/2
  • おろしにんにく:小さじ1/4
  • 塩コショー
  • ドライパセリ:小さじ1
  • 植物発酵マーガリン:小さじ1
  • 卵:1個
  • ハッピーパウダー:コンソメ小さじ1/2、スキムミルク小さじ1/2、きび糖小さじ1/2、塩少々
  • お湯:大さじ1/2
  • コーンスターチ:小さじ1
  • 黒コショー:少々

作り方

1.フライパンに粗みじん切りした玉葱、人参、水、白ワイン、細かく切ったむきえびを入れて蒸し煮にする

2.おろしにんにくを入れてさっと炒めてからキヌア入り玄米、塩コショーで味を調える

3.植物発酵マーガリン、ドライパセリを混ぜて仕上げたら型に入れて抜く

P1010343

4.卵は白身と黄身に分け、フライパンで白身オムレツを作る

5.白身オムレツを型抜きし、ピラフの上にのせ、型抜きして余った部分はみじん切りしてピラフにのせる

6.ボウルに卵黄、お湯で溶いたハッピーパウダー、コーンスターチを混ぜてから湯煎にかけ、とろみがついたら白身部分にかけ、黒コショーをふりかける

作成者: 戸澤 高広

キヌアまとめは2007年に開設しました。キヌアが少ない労力の割に多くの栄養価を生産できる植物で社会的な飢餓・栄養不足問題の解決に寄与するのではとの期待から、論文や報道に加えて実体験などからその情報をまとめ続けています。 その、キヌアにまつわる略歴は以下のとおりです。 2013年:JICA主催セミナーで講演公式 2014年:国連発行のキヌアレシピ本に掲載 2014年:キヌアレシピ本出版記念会で講演 2017年:帝京科学大学の研究論文へ協力 2017年:UTYテレビ山梨に出演

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です