驚きのふっくら感!筍ご飯にキヌアを添えて

玄米にキヌアを入れて炊き込むとふっくら仕上がります。

今が旬の筍、発芽玄米、粒蒟蒻も加えて炊き込みました。

キヌア入り焦がし筍ご飯

材料:1.5合分

  • 玄米:2/3カップ
  • キヌア:1/4カップ
  • 発芽玄米:1/2カップ
  • タケノコ:120g
  • 粒蒟蒻:75g
  • ごぼうチップス:大さじ1
  • 追いがつおつゆ:大さじ2
  • 酒:大さじ2
  • アガベシロップ:小さじ1/2
  • 水:50ml

作り方

1.鍋にごま油を入れてタケノコを入れ中火で蓋を閉めて2分間焼き付ける

2.タケノコを反して更に1分焼き付けてから水、酒を入れてアルコールを飛ばしてから追いがつおつゆ、ごぼうチップス、粒蒟蒻、アガベシロップを入れて弱火で5~6分煮て、そのまま冷ます

3.洗った玄米とキヌア、発芽玄米を炊飯器に入れて「2」を入れて玄米モードで炊飯する

P1110284

彩に茹でたほうれん草をのせて。

作成者: 戸澤 高広

キヌアまとめは2007年に開設しました。キヌアが少ない労力の割に多くの栄養価を生産できる植物で社会的な飢餓・栄養不足問題の解決に寄与するのではとの期待から、論文や報道に加えて実体験などからその情報をまとめ続けています。 その、キヌアにまつわる略歴は以下のとおりです。 2013年:JICA主催セミナーで講演公式 2014年:国連発行のキヌアレシピ本に掲載 2014年:キヌアレシピ本出版記念会で講演 2017年:帝京科学大学の研究論文へ協力 2017年:UTYテレビ山梨に出演

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です