キヌア栄養成分表の作り方は意外と安易

キヌアの栄養成分表はquinua.jpの自作です。あまりに情報が少ないものですから画像がそのまま他サイトで使われることも少なくないため、その作り方を公開します。

キヌア栄養表

複数リソースの平均値

日本、海外含め、複数のリソースの平均をとった、というとても安易なものになります。五訂日本食品標準成分表にキヌアは掲載されていないため、やむなく採った手法となります。

そのリストは以下の通り。

  • キノアの食品特性について(その1)p109
  • キノアの食品特性p14
  • 擬穀物アマランス、キノアの栄養特製とアレルギー代替食品への応用p300
  • アンデスの穀物「キヌア」の利用p73
  • キヌアの栄養機能特性と利用p67
  • 日本食品分析センターによる数値(第69040446)
  • (財)日本食品分析センター
  • ペルー農林省

キヌアは品種が多岐にわたりそれぞれ栄養価も違うということで正解はありません。日本国内で堂々と言い張るならば有名な日本食品分析センターのものが一番良いかもしれませんね。改めて問い合わせてみます。

栄養価について気になる方は「キヌアの栄養」もあわせてどうぞ。

投稿日:
カテゴリー: 知る タグ:

作成者: 戸澤 高広

キヌアまとめは2007年に開設しました。キヌアが少ない労力の割に多くの栄養価を生産できる植物で社会的な飢餓・栄養不足問題の解決に寄与するのではとの期待から、論文や報道に加えて実体験などからその情報をまとめ続けています。 その、キヌアにまつわる略歴は以下のとおりです。 2013年:JICA主催セミナーで講演公式 2014年:国連発行のキヌアレシピ本に掲載 2014年:キヌアレシピ本出版記念会で講演 2017年:帝京科学大学の研究論文へ協力 2017年:UTYテレビ山梨に出演